LA・LA・LAND批評。(ネタバレ有)

今ラ・ラ・ランドの話をするのはどう考えてもミーハーだ。タイトルの通りネタバレを構うことをしないし、パンフレットの情報も構わず流用する。セッションは2回観た、最後の10分だけで言えばつい観たくなって何回も観ている。ミュージカルや元ネタとなった他の映画の素地は無い。ここの記述は便所の落書きチラシの裏に書いたメモである。また見解は数時間後・数日後には変わっているかもしれない。またここに書いてあることは決して他人の考えを否定するために書いた物ではない。少なくとも自分にそのような意図はない。「「自分のための」」意見である。

アカデミー賞は最多6部門を制したらしい。主演女優賞(エマ・ストーン)・監督賞・撮影賞・美術賞・作曲賞・歌曲賞。どれも妥当だし敢えて言えば作品賞を取っていないのも妥当かもしれない、と思う。(ノミネートの他の作品を鑑賞していないので絶対的な目線でしか見られないが)

 

観る際、「あまり期待し過ぎないように」と意識した。監督の前作『セッション』が余りに心に響いたからだ。セッションはラストシーンで視聴者にカタルシスを与える作品だ。恐らくラ・ラ・ランドはそういう類の作品ではないのだろうなあと考えていたため、どちらかと言えば終わり良ければ全て良し的な所のある自分はセッションを贔屓するのだろう、ということが分かっていた。だからこそ、別の物として観なければ、という意識を強く持っていた。

 

本作のテーマは夢・恋・音楽・・・「夢」が一番しっくりと来た。

夢には色々と意味がある。

・将来実現させたいと思っている「夢」

・あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像である「夢」。虚構だ。

・儚いこと、頼りないこと。(「夢」物語)

他にもあるかもしれないがこの作品にはどの「夢」も独自の解釈を持って取り込まれていた。

まず映画開始直後、渋滞でのミュージカルシーンで鑑賞者は映画という夢に入り込む。魔法にかけられると言ってもいいし、恋に落ちると言ってもいい(僕が単にロマンチックな発言をしたいのではなく、公式HPや予告にその表現がある)

ここで掛かるAnother Day of Sunという曲はいかにも始まりを感じさせる曲で、一種のパレードのような、行進曲のような歓迎の曲に聞こえた。世界観を象徴するお気に入りの曲だ。

ミュージカルはそのシーンによって説明責任の軽減や回避を可能にすると思う。勿論描き方にはよるが歌って踊れば曲が終わる頃には二人は恋に落ちているし、あまりキャラクターに立ち入らなくとも鑑賞者が心情の変化に納得できるという点でやはりこの表現方法は偉大だ。少なくとも曲の間は飽きないし。だがこの作品がミュージカルであることの一番の理由は夢であることを確認すること、である。

夢を追い求める二人の表現者が出会い、恋に落ちる。表現者としての夢を取るか、恋を取るか。話としては、よくある。『はじまりのうた』なんかもそうだ。

 

終盤の意味について。パンフレットにこんなことが書いてあった。

「本当に深い感情は時空も現実も物理法則も超える」。矛盾する事実が両立することもあり得る(ここは要約)

○セブとミアが袂を分かちセブが店を開きミアが他の家庭を持ったこと。これは(夢の中の)事実である。

○だがセブとミアがそもそも決裂することなく添い遂げたこと。これも(夢の中の)事実である。

→つまり最後のミュージカルシーンは夢ではあるがもしこんなルートがあれば・・・というifの夢ではなく他の世界線と同じ価値を持つまた別の夢だ、と解釈したい。映画『ラ・ラ・ランド』という夢に入り込んだ時点で鑑賞者はその夢の形を決定する自由が与えられていて、製作者は虚構における受取手の可能性や幸せを選択する権利を呈示しているのではないか。

矛盾するような別の可能性が同時に成り立っているとしても観る側はもし違う道を選んでいれば・・・というラブストーリーによくあるような儚さ、切なさを同時に感じることもできる。(書き方で誤解して欲しくないが勿論よくあることは悪いことではない。自分は非常にロマンチックで良いと思ったし、思う所があった。)

夢とは、理想とは何か、必ずしも表現者としての成功に限られないし、恋人や家族の愛を知ることとも限られない。幸せは自分の中にありこの映画はハッピーエンドにもバッドエンドにもすることが出来る。選ぶのは自分だ。当たり前のことを言ってしまったが、ここが中々難しいと思った。

最後にミアが店を出て行くことが夢の終わりを示しており、鑑賞者は現実に向き合う必要が出てくる。虚構vs現実という構造が垣間見える点にはシン・ゴジラを感じるし最近こういうの流行っている気がする。

ただこの映画は見終わって暫くしてからじんわりと幸福感を感じることができた。瞬間の煌めきというよりは後から回顧することが出来るという意味でまさに良い夢を見させてもらったと思う。

 

難点を挙げるとすれば、カタルシスが足りないと感じてしまう。

純粋にうお!!この映画すげえ!!と思えなかったのだ。排反の良さがあるとは言え、自分はどうしても監督が『セッション』のデイミアン・チャゼルだという意識が抜けなかった。映画の欠点ではなく見る側の問題かもしれない。

ミュージカルという形式がテンションの上がり下がりを繰り返す性質を持っているからかもしれない。

セッションはアトラクションそのもの。ラスト数秒までジェットコースターは高く高く昇り続け最後に急降下する。

ラ・ラ・ランドはテーマパークそのもの。アトラクションに乗ったり降りたりを繰り返すが依然としてテーマパークの中を堪能しているのには変わりはなく、園の外という現実に出てからふと思い出して幸せに浸れる、そんな映画だった。

両者は似たようで全く性格の異なるものであり、恐らく前者を期待してはその期待は空回る。

 

ただカメラワーク、演奏(元々ジャズ系の音楽が個人的に好きなので特に)、衣装などの美術的観点等色々あるがどれも大変良かった。

特に音の使い方なんかで言えば、単に演奏シーンだけではなく、細かなSEのリズム・タイミング・間が絶妙だった。流石、と言わざるを得ない。

衣装・色使いもとても考えられているのだなあ、と。(他のレビューブログを検索していただければ面白い話が出てくるので参考までに)

 

あとJ.K.シモンズが出演していることを知らなかったので出て来た時はたまげた。もしかしたら、なんてセッションとの繋がりを考えるのも楽しい。

とても好きだし、良い映画だった。