シン・ゴジラ

を見た。2回目である。一度目は新宿のピカデリーで、今回は二条TOHOのMX4Dで。

MX4Dは思ったより揺れるわ水掛けてくるわマッサージしてくるわで中々ハード面白かった。映画を見た人向けの感想なので注意願いたい。

 

シン・ゴジラ。特撮映画というよりは官僚・政治家による困難解決映画。ゴジラどころか特撮物はほとんど分からず、官僚物だという前評判を聞いていたので見に行った節はある。あ、でもよく考えたらキングギドラが出てきた奴は見たことあるな。この人形持ってたし。ウルトラマンの人形も持ってたし覚えてないだけで結構好きなのかもしれない。

f:id:cobalt1207:20160819190717j:plain

登場人物は官僚や政治家が主。皆早口で簡単なことを難しく言う。何をするにもまず会議、会議、会議をするための会議...(「民主主義の根幹」である)主演の長谷川博己扮する矢口蘭堂内閣官房副長官が語る所では、初期対応の遅れにより被害が甚大な物となってしまったという。恐らく製作側はヤシオリ作戦で逆転ホームランを打つ彼らの姿を印象づけるために行政府や立法府の無能さを最初にアピールしたかったのだろう。確かに災害に際してもどことなくのんびりした雰囲気はあったが、個人的には彼らは十分有能であるし民主的な手続きに則った正当な行動をしていたと思う。彼らの、特に矢口の日本という国に対する熱い思いが感じられてかっこよかった。

散々話題になっているようにこの映画の監督はエヴァンゲリオン庵野秀明さんであり、エヴァをそんなに深く知らない僕も少し見ただけで「あっ、これエヴァじゃん!!」と感じた。細かいカット割、明朝体、ヤシロ作戦とヤシオリ作戦、とか。BGMもよく聞いたことあったなあ。

何よりゴジラ=荒ぶる神という設定は気に入った。ではゴジラの正体とは何なのか?牧教授は何を「好きにした」のだろうか?

 

劇中で紹介されているのは古代生物か何かが海中に投棄された放射性物質を捕食して進化したという仮定であった。

しかしネットで見かけた意見で好きなのは、牧教授=ゴジラ説。

この映画のキーパーソンである牧教授は妻を何らかの放射能に関する事故で失い、それ以来放射能や政府を恨んでいるという。ゴジラが執拗に東京に出現し街を破壊する理由は本編では明かされておらず、謎のままである。もしかしたらゴジラは牧教授か、牧教授がコントロールした存在で、人類に復讐しようとしているのではと考えられる。牧教授がゴジラになるとしたらなんで人間がゴジラになるんだよ的な疑問はあるがそもそもゴジラは今の所現実に存在しないのである程度の妄想は妄想として許容される。そしてゴジラを倒すヒントを人類に提示し「私は好きにした。君たちも好きにしろ。」と述べ人類に解決へのチャンスを残したのだ。人類がゴジラという災厄とどう向き合い、対処するのか、熱核兵器の使用という手段も含め人間を試しているように見えた。

この「私は好きにした。君たちも好きにしろ。」という台詞、僕には監督が視聴者に向けて発している言葉のように見える。「好きに作ったから好きに見てくれ」実際好き放題作ったから面白くなったのかもしれない。(「無人在来線爆弾」というパワーワード、ここ最近のパワーワードの中でも一番好きかもしれない)

序盤の船に置いてあった宮沢賢治の『春と修羅』はどういう意味なんでしょ。読んでないから分からんけど詩の短編集なんだよね。

 

そして僕が特に好きな、夜の東京でゴジラが破壊の限りを尽くすシーン。

米国の攻撃を受けたゴジラがレーザーで反撃、見慣れた街が一瞬で破壊されていく。いやこのレーザー最強だろ。内閣強制総辞職ビーム。このシーンで圧倒的な絶望感を感じた人は多いだろう。僕もあのシーンはBGM(『Who will know』)も相まって底知れぬ絶望感・無力感をひしひしと感じた、これが荒ぶる神かと。ただ街が破壊されていくことへの悲しさ、というよりは街を破壊することしかできないゴジラに対する悲しさを感じていたのか、と少し思う。ゴジラは恐怖の象徴だが同時に悲劇の象徴でもあるというような意見をどこかで見たからかもしれない。炎の中立ち続けるゴジラの目が人類への怒りに燃えているようにも見える。

 

物語終盤の展開、所謂「ヤシオリ作戦」はゴジラの体内に血液凝固剤を投与してゴジラを凍結させてしまおうという作戦だが、これに関してはいやいや、ゴジラが良い向きで倒れてくれてコンクリートポンプ車が近付けるなんて都合良すぎだろ(笑)という批判はあるかと思う。ただ本編中でも赤坂秀樹内閣総理大臣補佐官が矢口に対して「お前の案は不確定要素が多すぎる」みたいなことを言ってたし一か八かの賭けなのかな、これが失敗したら核に巻き込まれて死ぬぐらいの覚悟でやっていたのかと思うことにする。いずれにしても作戦内容は地味でカタルシスに欠けるという意見はある。

 

そしてゴジラは活動を停止し物語はおしまい、と思いきや最後にゴジラの尾が数秒間映りスタッフロールに入る。これはどういうことなのだろう。ゴジラの尾には人のような何かが複数接着されておりこれは何なのか分からない。

散々議論はされているが尻尾に付いているのはゴジラだという説をよく聞く。作中でもゴジラは無性生殖で殖えるという発言があったし無くはないだろう。

個人的には尻尾に付いているのは人間、だとも思う。作中では尾頭ヒロミ環境省自然環境局野生生物課長補佐が「ゴジラよりも人間の方が怖いですね」と何ともテーマらしいことを言っていた。ゴジラという簡単には克服できそうもない危機に瀕した人間は熱核兵器の使用を決断し正義のため、人類のためとボタンを押そうとする。逃げ遅れた人間には犠牲になってもらうしかない。ゴジラという「神」であり「親」を超越した(超越できてしまう)存在が人間であるというのがシン・ゴジラのメッセージ、僕も好きに見させてもらうとそう思ったりする。

そう考えると別に映画の専門家でも何でもない僕みたいなアホが好きに見ても良いという免罪符を貰えるのは中々嬉しい。良い映画であった。